フードメッセとは

461事業者が出展→10,369名が来場!!※2018年実績 2年連続で出展枠が完売!食の国際総合見本市!!キーワードは「個性」「付加価値」「地域性」

差別化商材を求めるバイヤーが多数来場

  • 商工団体・各種団体地域ブランドを効果的にアピール

    新潟県内をはじめとする全国各地の商工団体・各種団体での出展が増えており、中小事業者の販路拡大支援施策として、フードメッセを有効活用されております。
    地域の食産業振興およびブランド認知に向けて、出展する団体の多くが着実にステップアップをしています。

  • 食品・食材個性豊かな高付加価値商品をPR

    高付加価値化を進める食品・食材が、新潟そして全国から集まる見本市として定着。生産量は少なくても個性ある地方食品、付加価値の高い生産方法にチャレンジする生産者に対し、差別化を求める多くの来場バイヤーが高い関心を持っています。また、県外企業の来場者比率も高く、県内だけでなく隣接県・首都圏への販路拡大も期待でき、効率の高い商談機会の実現が可能です。

  • 機器・器具効率化・省人化に向けた更新・新設ニーズの強い来場者!

    食品製造・加工業者の来場割合が高く、地方では貴重な最新機器展示、デモ展開の場となっています。

  • 容器・包装食産業に特化した提案で効果的な市場開拓を実現!

    容器・包装だけでなく、原料・素材・食器・カトラリーなど、食のあらゆる分野が出展の対象です。

  • 海外パビリオン日本海側市場の開拓には新潟を基点とした情報発信が最適!

    新潟を中心とした日本海側のバイヤーに対し、海外商品をアピールする絶好の機会です。

    前回参加国
    • イタリア
    • オーストラリア
    • 韓国
    • スペイン
    • スリランカ
    • タイ
    • ブラジル
    • ロシア

    (五十音順)

同時開催展

  • 第6回 にいがた6次化フェア20196次産業化に取り組む全国の事業者が新潟に集結!

    全国で唯一、6次産業化の事業者を対象にした専門展示会です。フードメッセとの相乗効果により、新たな販路が期待できます。

  • 第5回 にいがた食の輸出商談会2019(予定)にいがたを拠点に日本産食品を海外へ

    日本産食品・飲料の輸出に取り組む事業者を対象に、海外バイヤーとの個別商談会を開催します。

個性ある開発商品や独自の栽培 方法を持つ生産者と、
差別化できる商材を求めるバイヤーのホットな出会い!
全国から新潟へ、新潟から全国へ双方向の販路拡大のチャンス!!

フードメッセの特徴

  • 個性・意欲ある各地の中小企業が出展
  • 差別化を求め、ロットにこだわらないバイヤーが多数来場
  • 地方に適した厨房機器の出展も多く、地域産業力向上に貢献
  • 日本食糧新聞社が全面的にバックアップ