第10回にいがた6次化フェア2023

全国の6次化に取り組む事業者のための展示・商談会!

●6次産業化および農商工連携に取り組む事業者が出展対象となります。
●1次産業は地域の資源と捉え、企業連携による商品開発、市場展開を目指す出展者が集う研鑽の場です。
●小ロットでも個性ある商品、付加価値商品に関心の高いバイヤーとの商談が活発に行われます。

限定25事業者

開催概要

名  称
第10回「 にいがた6次化フェア2023」
主  催
フードメッセinにいがた運営会議・新潟市
主  管
㈱日本食糧新聞社・㈱新宣・カシヨ㈱・食と花の世界フォーラム組織委員会
出展規模
25事業者(限定)
会  期
2023年11月8日(水)~11月10日(金)
10:00~17:00(最終日は16:00まで)
会  場
朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター「展示ホール」
同時開催
第15回「フードメッセinにいがた2023」
特別企画「にいがたお米未来展2023」

にいがた6次化フェアの特徴

第8回 6次化大賞

作り上げた商品の魅力や6次産業化・農商工連携への取組姿勢などをFCPシートでPR、最終審査では試食を提供しながら、自慢の商品への熱い思いやストーリーをプレゼンテーションしてください。現役バイヤーやプランナーなど専門家の評価・アドバイスを受ける絶好のチャンス!!「協賛企業特別賞」の受賞者は、協賛企業との商談に繋がり実績を積んでいます。

日  程
11月8・9日/最終審査
 11月9日/表彰式・グランプリ受賞者プレゼンテーション
審査会場
朱鷺メッセ 展示ホール会場内
エントリー
対  象
「にいがた6次化フェア2023」出展者の商品
 「フードメッセinにいがた2023」・
 「にいがたお米未来展」に出展する
 6次化に取り組む事業者の商品
※1次生産者が主体となって商品化された「6次産業化」による加工食品および中小製造業・卸売業などが主体となった「農商工連携」で開発した加工食品が対象です。
審査方法
FCPシートによる一次審査を経て、
 試飲・試食を含めたプレゼンテーションによる
 最終審査を行います。
歴代グランプリ受賞者

第8回 6次化大賞 最終審査会の審査委員、出展者プレゼンテーションのスケジュールは以下の通りです。

■審査委員

【審査委員長】 武藤 麻実子 氏(日本食糧新聞社 月刊「食品 新製品トレンド」編集長)
【審査委員】 桶矢 茂守 氏(株式会社フォーフーム 代表取締役 6次産業化中央サポートセンター プランナー)
小柴 智 氏(HACCPコーディネーター)
堺谷 徹宏 氏(グルマン・ゴーズ・トゥ・トウキョウ株式会社 代表取締役)
寺谷 健治 氏(株式会社五味商店 代表取締役)
大野 孝将 氏(株式会社大寿(OONOYA・大野屋商店) 代表取締役 社長)
山崎 友香 氏(食のショールーム・パルズ 代表)
プレゼンテーションスケジュール

第8回 6次化大賞のエントリー商品は以下の通りです。

第8回 6次化大賞のエントリー商品

第8回 6次化大賞の開催結果を以下のページで公開しています。

第8回 6次化大賞 結果発表

第8回 6次化大賞の詳細情報は以下のボタンから応募要項PDFをご確認ください。

第8回 6次化大賞 応募要項はこちら

第8回 6次化大賞へのエントリーを希望される方は、以下のボタンからFCPシートをダウンロードし、ご記入の上、6次化大賞運営事務局(㈱日本食糧新聞社内)へE-mailにてお送りください。※出展申込書受付窓口とは異なりますのでご注意ください。

FCPシートダウンロード